Rust 製コマンドラインツールでターミナルを使いやすくしていきます.

環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.15.4
BuildVersion:   19E287

ls の代替

これらを使います.

$ brew install lsd exa

lsd では, デフォルトでファイル/ディレクトリの左側にアイコンをつけてくれるので見やすいです.

ただ適切にアイコンを表示するためには指定のフォントをインストールして, ターミナル用のフォントに設定しておく必要があります.

$ brew tap homebrew/cask-fonts
$ brew cask install font-hack-nerd-font

あとは, 使っているターミナルアプリの設定からフォントを Hack Bold Nerd Font に変更してあげます.

これで使えるようになったので, エイリアスをつけてあげます.

# ~/.bashrc

alias ls='lsd'
alias ll='exa -abghHliS'
alias tree='lsd --tree'

tree コマンドも lsd の tree オプションで上書きしておくと日本語ファイル名をきちんとエンコードしてくれたり, アイコンがついたりとみやすいです.

cat の代替

$ brew install bat

bat では pager として less がデフォルトで採用されているので, デフォルトの cat と動作を揃えたいので, pager を上書きします.

alias cat='bat --pager ""'

less の挙動で使いたいときは, 普通に bat を使います.

find, ps, grep

$ brew install fd procs ripgrep
alias find='fd'
alias ps='procs'
alias grep='rg'

デフォルトの挙動で使いたい時

grep とか, find とかは通常のと挙動が若干違かったりするので, 上書きしないほうがいいかも.

問題があったときだけバックスラッシュつけて対応しても良いかもです.

$ ls | \grep hoge