EC2のUbuntu OSにMySQLを導入して, 外部からアクセスできるようにする流れのメモ.

content

導入と起動

$ sudo apt install -y mysql-server mysql-client
$ sudo service mysql status
$ sudo service mysql start

初期のubuntuだと色々揃ってないので, なにか足りないと言われたらその都度aptかapt-getから導入する.

データベースに接続

$ sudo mysql -u root -p

ルートユーザで接続.

接続用ユーザーの作成

rootでアクセスし続けるのはあれなので, 接続用ユーザーを作成してall権限を付与しておく.

mysql> create user sampleuser identified by 'passwd';
mysql> grant all privileges on *.* to sampleuser;
mysql> flush privileges;

ユーザーを外部アクセス可能に変更

1. ubuntu側での設定

$ sudo nano /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf

bind_addressをコメントアウトする

2. awsコンソールから側の設定

セキュリティグループから,

  • インバウンド: MySQL + 任意の場所
  • アウトバウンド: MySQL

のルールを追加し, MySQLを再起動

$ sudo service mysql restart

外部から,

$ mysql -h [IPアドレス] -u sampleuser -p

で接続できる(IPアドレスはAWSコンソールより確認).